今年のJ3リーグ

J3リーグ。 今シーズンは降格クラブはなし。 U-23もなくなるので、寂しくなりますねぇ。 そして昇格クラブはデゲバジャーロ宮崎。 八戸 いわて 福島 YS横浜 長野 富山 藤枝 沼津 岐阜 鳥取 讃岐 今治 熊本 宮崎 鹿児島 15クラブ 全28試合か。 さすがに3回戦はないのか。3回戦だと、全42試合。 今の世界状況で試合数を多くすることはできませんね。 それにイレギュラーなんだし。 昨シーズンの34試合から6試合減かあ・・・つまらんのう。 ただ、降格クラブがいないということは 昇格の可能性は上がるというもの。そこは前向きに。 筆頭は長野、岐阜ですね。 長野は昨シーズンはあと少しでした。選手の流出も少なくプラスのイメージ。 岐阜は攻撃守備のバランスがあり年間通して戦えそう。 次点は、熊本、今治でしょうか。 熊本はまだ余力は残していそう。 今治は岡ちゃんがいるのが強みで、勢いが最もありそう。 そして、鳥取、富山、藤枝、鹿児島かなぁ。 八戸、いわて、福島、沼津も強いですね。 新加入の宮崎、どうなるでしょうか。 相変わらずJ3新加入のクラブは好成績を残しています。 JFLで4位以内に入るのは大変ですから、不思議ではないですね。 まだ選手が固まってないのでこれからでしょうけど、 もう戦いは始まっています。 1月18日から始動。 キャンプの出来がシーズンの出来を決めます。 選手…

続きを読む