カターレ富山 振り返り5(最後)

今年も残りわずかとなりました・・・ カターレ富山の試合を個人的に印象深いものを振り返ります。 全34試合。その中から直観で選んだものを選出です。 ■第2節 Y.S.C.C.横浜戦(A)  まぁ、これでしょうね。3失点し敗戦濃厚からの怒涛の4得点。  大逆転となった試合。  開幕戦がドローとなって、ここで負けるのか・・・とサジを投げました。  しかし、1点を返すと気が変わるもの。  後半ぎりぎりに同点に追いつき、アディショナルタイムに決勝ゴール。  決めたのは順に、大野、戸高、武、花井。  大野の初ゴールがここだったとは。しかも新加入選手3名が決めています。  一気に盛り上がりましたが、逆を言えば守備崩壊の前兆でもあったわけで・・・ ■第4節 秋田戦(H)  今シーズの力量を計るにはもってこいの相手。  試合は支配するものの、ネットをこじ開けられず逆に失点。  粘り強く守り切った秋田の勝利。  攻めないと勝てないカターレだけに、痛恨の試合となりました。 ■第9節 相模原戦(H)  なんとなく快勝だったと思うゲーム(たぶん)。  序盤から攻勢をかけ2得点。最後に3点目も決め、シャットアウト。  気持ちよく帰った覚えがあります。 ■第11節 今治戦(A)  初物に弱いといわれるカターレにとって試金石(そこまで言うか)。  結果は…

続きを読む

カターレ富山 振り返り4

次はフォワード 今シーズンは全選手が出場という(駿太除く)、稀にみるシーズン。 しかしこの監督・選手たちでJ2行きたかったですねぇ。 ■8 FW 高橋 駿太  今シーズンはキャンプ中の怪我で離脱。結局最終戦までには戻ることができず。  しかし、能力は誰もが認めるところ。  今シーズン昇格できなかった要因のひとつ。  抜け出しは特長。ゴールを量産してほしい。  来シーズンも契約更新。 ■9 FW 武 颯  新加入。チーム得点王。能力は発揮してくれました。  しかし、なんで途中出場が多かったのか。これもターンオーバー制か・・・  ボールをもてばどこからでも撃てる能力。これは特筆すべき点。  もう、能力的にはJ2以上でしょう。  残ってほしいけど、J2個人昇格ならしょうがないかと思います。  来シーズンは未定。 ■11 FW 大谷 駿斗  チームの中心になってほしかったのですが、振るわず。  結局チームとして動けなかったのと、ボール回しでは大谷選手が  活躍する場は少ないでしょう。縦ポンサッカーならもっと活きると  思います。  来シーズンはツエーゲン金沢に移籍。足の速さを認められた証でしょう。  活躍を祈ります。2年後に会いましょう。 ■14 FW 大野 耀平  レンタル加入。シーズン通して出場しましたが、なかなか得点に…

続きを読む

カターレ富山 振り返り3

続きです。 MFは人員が多い・・・ 大変ですわ。 思いの丈を書き殴ります。 ■6 MF 碓井 鉄平  昇格を逃した要因のひとつ。碓井がシーズンとおして出場できなかったこと。  コンディション不良なのか、ターンオーバー制の枠にはまったのか分かりませんが、  一番安定していたのにもったいない感がありました。  もっと前への展開力が上がればよいかもね。  来シーズンは未定。 ■7 MF 佐々木 陽次  昇格を逃した要因のひとつ。陽次の長期離脱。  後半復帰してからのカターレの躍進をみれば、その理由が分るでしょう。  中盤でのボール流れが見違えるように良くなりました。  得点能力もあるので、来シーズンも期待大。  来シーズンも契約更新。J2昇格しましょう。 ■10 MF 花井 聖  今シーズンも中心選手として活躍。誰もが認めるところ。  しかし、攻めの起点が花井とスカウティングされたせいか、  相手のチェックが厳しかった。  もう少し、前目にポジショニングしてほしいですよね。  どうしても試合の前半はボールをもらいに行く形が多く、  深いところから攻めざるを得なかのがもったいない。  来シーズンは未定。年齢的なことも考えると、来シーズンで昇格して  J2で活躍する花井選手を観たいですね。 ■13 MF 佐々…

続きを読む

カターレ富山 振り返り2

さて、続きです。 思ったことそのまま書いているので、すみません。 今回はDF陣。 うーん。今年は良くなかったね。 来シーズンはしっかり守備を見直して 開幕を迎えてほしいです。 ■2 DF 松原 優吉  個人的には戻ってきて嬉しかった選手。  前に契約満了となったときはもう一年観てみたかった感がありました。  そして今シーズン、ロングスローという武器を兼ね備えて戻ってきました。  手薄だった左サイドが埋まったのでほっとしたものですが、  開幕戦?で負傷離脱。  松原が1年とおして戦えれば、もうちとは守備が安定していたのでは  ないかと思います。昇格を逃した一因は松原の離脱。  今シーズンで契約満了。年齢的なものでしょうか。  とはいえ、やはりもう一年いてほしかった。 ■3 DF 川﨑 裕大  後半くらいから途中レンタル加入。  正直あまり活躍した感がないです。出場はしていたけど難なく  こなしていた感あり。ロングフィードとかボール奪取とか  なんか特長あれば良かったんだけどね。  来シーズンは未定。 ■4 DF 戸根 一誓  今年飛躍した選手の一人。昨シーズンは怪我で出場なし。  ようやく実力を観ることができました。  結果は良。高さもあり強さもありました。  得点も決めましたね。DFにも得点能力を兼ね備えてほしいので、  良かったです。{%うれしいweb…

続きを読む

カターレ富山 振り返り1

今シーズのカターレ富山を振り返ります。 監督、選手を中心に。 年内には全て出す予定ですが、果たして続くか・・・ ■カターレ富山  スローガンは『頂点』  私も当然そうだろう、それだけの実力をつけたんだし。と思いました。  しかし、主力だった前嶋と白石が他クラブへ行ったので  どうしも左サイドがなぁ・・・その穴が埋まればJ2だな・・・  という思いがありましたが、不安が現実に。  穴は埋まり切りませんでした。最終戦まで。  あとGK榎本の引退も痛かったですね。榎本がいたので  バックラインが安定していた。もったいなかった。    そして攻めの起点が花井頼りになってしまったことでしょうか。  その分、花井が狙われたら攻めの形が作れなくなってしまった。  そして守備崩壊。攻めの意識が強すぎたせいかカウンターでの  失点が増えた感が。それにしても裏狙われすぎだよねー。  4バックで始まったシーズンでしたが、  左サイドの松原が数試合でけがで離脱。選手が日替わり。  右サイドは田中でしたが、不慣れ感が否めませんでした。  というわけで4バックとはいいながらも実質2バックだったのではないかと。    終盤フォーメーションを守ってカウンターを狙うスタイルに  変更することで持ち直し、一時は2位争いに絡みましたが、  時すでにお寿司(はぁ)。失意の9位フィニッシュ。  ふがいないシーズンとなりました。  来シーズンはし…

続きを読む

カターレ富山 石﨑監督

家に帰ってツイッターを見たら、 新監督のリリースがー。 石﨑信弘監督  実績のある監督ですねー。 J2→J1への昇格も4、5回達成していますね。 今季は藤枝で監督を務めていました。 去年は3位躍進してますし、指導力は折り紙付きですね。 しかし、失礼ですがこれだけ年齢の高い監督は初めてではないでしょうか。 楚輪監督が近いか? しかし、安達監督と契約満了して1週間での決定ですか。 強化部長、動きが速い! これで来季への期待が高まりました。 再び昇格を目指して応援できそうです。 そして選手の動向も明日から活発になるのでしょうか。

続きを読む

【第34節_沼津戦(A)】来シーズンへの光はみえた・・・課題も

最終節となりました。 無事シーズンを終えられたことに安堵・・・ 当初はどうなるか分かりませんでしたからね。 無観客から始まったJリーグ 観客を入れるようになっても鳴り物は禁止 いろいろ制約はありましたけど、楽しめました。 さて、この試合、カターレは来シーズンに向けて 何かを得られるかというテーマがあったと思います。 松澤が決めました。 今シーズン初ゴール。おめでとう。 たぶん、来年もいると思うので、最後の最後で決めれてくれてよかった。 これが収穫。 ただ、試合のほうは 富山 2-3 沼津 終始リードをゆるし、2度追いつくも最後は突き放されました。 今シーズンの守備崩壊は最後までそのままでした。 まぁ、だから昇格できないんですけど。 これが今シーズンの課題。 攻守のバランスをとるのは難しいですね。 カターレは堅守というチームだったのですが 決定力がなく得点できるパターンが必要でした。 そんななか安達監督が攻めるサッカーを確立してくれました。 これだけ得点できるようになったのは安達監督の功績かと。 しかし、今シーズンは守備に泣かされました。 榎本が去り、脇本が去り守備という面でどうなるかと思いましたが、 林堂、今瀬の2CBは機能しませんでした。 全体的には4バックは不完全燃焼に終わったということ。 いろいろ振り返るのは別の機会に・・・ そしてJ2へ…

続きを読む

オンライントークショー観た

カターレ富山のオンライントークショーをアーカイブで視聴 内容的には面白かったですね。 普段の素顔をみることができてよかった。 GK岡は意外とお茶目だったり FW宮城が落ち着いていたり MF池高がめっちゃノリノリだったり MFルーカス日本語上達してたり MF戸高がテンション高かったり DF今瀬がしゃべる人だったり やはり選手間は仲がいいのですねー 試合のときの真剣な表情と違ってリラックスしていましたな 今年はキックオフパーティーもいかなかったし (そもそも権利のないシーズンパスを選んだのもあるけど) こういう場があってよかったかなと。 残り1試合 自分自身のために、チームのために、安達監督のために 勝って終わりましょう!!!

続きを読む

安達監督ありがとう

安達監督の契約満了のリリース カターレ富山は決断しました 新しい一歩・・・ いや、再出発の一歩。 下手すればゼロからスタートになるかも ゼロになるかならないかは、次の監督次第かと。 新しい監督の発表を心待ちにしています。 安達監督は最後まで勝つために試行錯誤してくれました。 しかし結果が伴いませんでした。 理想とするパスサッカーは簡単ではなかった。 決定力は上がったと思いますが、守備がボロボロでした。 大量得点で勝つことはあっても接戦で勝ちを落とした印象。 なので、決定力は上がっていますがそれほど強い印象は 残っていません。 想定外だった守備崩壊 4-3で勝ったYS横浜戦がその前兆だったのかもしれませんね。 そんな中でも安達監督はこれまでの監督の中で 一番期待と夢を持たせてくれた監督でしょう。 個人的には三浦泰監督を超えました。 もう一年みたかったという思いもありますが、 頂点を目指せた今シーズンでこの結果・・・やむを得ない。 安達監督、ありがとうございました。

続きを読む

【第33節_今治戦(H)】情けない消化試合

今日はホーム最終戦 昇格がなくなったカターレと 数字上は可能性が残っている今治との一戦 モチベーションが違いました。 富山 1-3 今治 ここまで後半の主力となっていた 馬渡、林堂、柳下はベンチ外 戸根がベンチ 今節は 今瀬、川﨑、田中、池高のディフェンスライン よくわかんないけど 川﨑と今瀬が2CB 状況に応じて田中か池高が入ってスリーバックになる形? しかし、そのバックラインが崩壊 GK齋藤の判断の遅さもあいまって3失点 あの齋藤の”判断の迷い”、言い方を変えると”慎重さ”は 悪しき面ともいえ、良い面ともいえますね。 なんにせよ、ひどいもんでした。 そのほか、平松、花井もベンチ外でした。 とはいえ、けっこう攻めの形は作れていました。 しかしゴールは決められず・・・ 逆に失点する形に。 0-2となった後半 大谷が一矢報いる、自らの特長を活かした ドリブルで相手DFを置き去りゴール ここで不思議なことが、喜んでベンチ前へかけよります。 でも、1点負けてるですよ。 喜んどる場合ではないかと。 というわけで、ちぐはぐなメンバーたちでした。 せめてホーム戦はしっかり戦ったもらいたかったです。 以上です。

続きを読む

【第32節_熊本戦(A)】昇格の可能性潰える

5連勝を目指したカターレ富山 相手は苦手の熊本 ですが、今の状態なら勝てる可能性はありました。 富山 0-1 熊本 後半、ゴールランキング1位に決められて失点 後半の後半、盛り返すも 相手ゴールキーパーが効いてました。 負けるときはこういうもの。 とはいえ、前半のうちに点を取れなかったのが痛かったですね。 そして2位・長野が勝ったため、今年の昇格がなくなりました。 今までに比べれば頑張ったほうですが、 やはり、コンスタントに勝ちづづけることができないのが まだ課題にあるようです。 今シーズンは、武・平松というシューターがいましたが、 かみ合わず後半ようやく得点を量産しました。 これを最初からやってくれないと。 大谷の不調も誤算でしたね。 なかなか大谷を活かす戦術をとれなかったのも痛かったか。 残り2試合。 そして次はホーム最終戦。 勝って来季に期待の持てるセレモニーにしましょう。

続きを読む

【第31節_讃岐戦(H)】ナイスな勝ち方

残り4試合。 引分けすら許されない状態。 相手は讃岐。順位は下ですが 後半戦は調子を取り戻していたので、 どうなるかと思いましたが・・・ 前節のセレッソ大阪U-23の例もありますし・・・ 件の福島戦もありますし・・・ 富山 2-0 讃岐 見事、勝利! 前半開始早々に武が得点 前節の流れをもってきましたね。 完全に前掛かりになっていた讃岐の最終ライン 大野?が決定的なラストパスを渡し、 武がうまくGKをかわしてゴールネットを揺らします。 しかし、その後は攻守が入れ替わる展開 カターレ守備が若干不安定でした。 なんか早々に点をいれてしまったせいで 変に浮足立っているような感じ そして後半 選手を順々に入れ替えていく安達監督 後半開始直後も前半と変わらなかったので、 流れを変えたかったのでしょうね。 そして交代で入った宮城が2点目のゴール 冷静に蹴りこみましたし、 コースも完璧。GKの手が届かないコース。 2点目を取って以降は、こちらのペースでした。 そして終了のホイッスル。 理想的な勝ち方をしてくれました。 FWが点をとり、守備は修正して無失点。 そして追加点をとり突き放す。 これで4連勝。 まぁ、〇連勝とか言っている場合ではないですが。 とりあえず残り3試合。 明日のJ3残り試合の結果を待ちましょう。 …

続きを読む

2021シーズン強化部長

黒部さんが今シーズンで退任。 来シーズンの強化部長就任のリリースがありました。 遠藤 善主(えんどう よしむね)強化部長 カターレ発足当時から関わっていたようで。 カターレを知る人財がやってきてくれたということでしょうか。 S級ももってますね。 小田切コーチもいるし、安達監督と疎通も問題ないでしょう。 まだ来季が安達監督と決まったわけではありませんが・・・ とりあえず一安心。 さぁ、残り4試合。 駆け抜けましょう!!!

続きを読む